今年の夏絶対に行きたくなる!嘉島町湧水公園天然プール~親子で熊本水遊び

こんなに市街地から近いところに、昭和がそのまま残っているようなスポットがあるとは。

こんにちは。むらきゅうです。

今回は、嘉島町の湧水公園天然プールをご紹介します。

熊本の方でもあまり知られていないのではないでしょうか。

水がきれいな熊本ならではの、最高のスポットです!

嘉島町湧水公園天然プールとは

嘉島町湧水公園天然プール は、上益城郡嘉島町にある天然の湧水(湧き水)を使った25mプールとその周辺の湧水池です。

この青空と湧水プールの風景!

いや、マジですごくないですか?

この令和の時代にこんなところがあるなんて。しかも熊本市中心部から20~30分くらい。

夏休みにこんなところで水遊びできる熊本っ子って、うらやましいですよね。

私は高校まで水泳部だったくせに、プールアレルギーで、いわゆる屋内プールや遊園地にあるようなプールでは、アレルギーの発作が出てくしゃみ・鼻水が止まらなくなります。

それが、この湧水プールでは発生しないんです!

さらに、海のように上がってからべたべたすることもない。

クラゲも出ない。サイコーですよね!

売店はありますが、事前に飲み物やお弁当を準備していくのがおすすめです。日よけテントがあるとなお良し。

住所上益城郡嘉島町下六嘉3199
開園時間10:00~18:00
駐車場あり(プール開放時は500円)⇒9月からは無料になってます
その他売店あり・トイレあり(駐車場内仮設トイレ)

周囲は田んぼに囲まれています。ザ・のどかな風景。

嘉島町湧水公園天然プールのおすすめポイント

ポイント1:とにかく水がきれい!魚が泳ぐ天然水のプールで水遊びができる!

25mプールと天然湧水プールがありますが、なんといってもこの25mプール!

昔は学校の授業にも使われていたようですが、この水が天然水になっています。

塩素の消毒などが不要なので、とてもきれいで気持ちがいいです。湧水なので温度も大体18℃前後になっているようです。

冷たいですよ~

133㎝の息子が胸上くらいまでになる水深なので、深さは120㎝くらいだと思います。

すごいのは、プールの中を魚が泳いでいたり、足元に石が敷き詰められているところです。

見えますか?

ゴーグルをつけてみると、普通のプールでは絶対に見ることができない光景が広がっています。

しかも、監視員がいないので、節度を持ってやりたい放題。好きなだけ飛び込むこともできます。

くれぐれも安全には気を付けてください。

ポイント2:料金無料(車は駐車料500円)!時間制限なし!

こちらが駐車場です。係の方に駐車場代500円を支払います。

この後普通のプールであれば、入場料やロッカー代などがかかりますが、ここでは500円のみ!

9月に入ってから行ってみましたが、夏休み以外は無料のようです。

車を止めてしばらく歩くと、プールが見えてきました!

こちらは売店。かき氷やポテトなどを販売していました。

周辺は買い物ができるようなところはないので、売店があるのはうれしいです。

嘉島町湧水公園天然プールの注意点

水の冷たさが看板にも書かれています!

とにかく水が冷たい(約18℃)

水がとにかく冷たい!普通のプールは26~31℃くらいなので、段違いの冷たさです。

水風呂なら「まあまあの冷たさだね」と余裕で入っていられますが、このプールではそうはいきません。

少し入ると体が冷え切ってぶるぶる震えだします。

子供のころプールの入りすぎで唇が紫になっていたことを思い出す・・・

なんて思っていたら、子供たちはプールサイドに上がって寝転んで暖を取ってました。

そしてすぐにあったまって、再度プールへドボン。元気ですね~

小さいお子さんは自分で体調管理ができないと思うので、注意してあげてください。

プールのような監視員はいないので、しっかり子供を見守る必要がある

あくまで公園なので、プールのような専門の監視員は不在です。

その分自由にできるのは良いですが、多少の危険が伴いますので、しっかり子供を見守る必要があります。

また、ちょとした木陰以外に日陰はありませんので、熱中症にならないように適度にプールに入る必要があります。

先ほども書きましたが、日よけテントがあると良いと思います。

いかがでしたでしょうか。

こんなに良いところなのに、激混みになっていないところもいいところです。

ぜひ、夏休みの水遊びスポットとして、家族で行ってみてはいかがでしょうか。

それでは、楽しいゆるそとらいふを!

おまけ:この他、熊本の水遊びスポットも紹介してます。

ゆるそとらいふの最新情報をチェック!